販促品の「名入れ」サービスの狙いとは


街を歩いていると、どこかの社名の入った品物をもらった。これは誰しもが経験したことのあることですね。
もしかしたら、毎日のようになにか品物をもらっている方もいるかもしれません。
こういった街で配っているもののことを一般に「販促品」といいます。

販促品とは、セールスプロモーションの1つで、何か会社から新商品がでる場合、キャンペーンで配布することによって、商品の認知度のあげるためや、消費者の購入を促す効果を期待して配布されるもののことです。

販促品でもっとも多いものといえばポケットティッシュがあります。
ここで皆さん、街でよくみるポケットティッシュを思い出してみましょう。どのポケットティッシュにも必ずと言っていいほど、社名か商品名が書いてありますね。これを「名入れ」といいます。

これにもちゃんと意味があります。

たとえば、何も書いていないようなポケットティッシュを配ったとして、何か効果を得られるか考えたとき、何も得られないのはだれでもわかりますよね。
何も書いていないのだから、配った相手には何も伝えることができません。

先ほども書きましたが、販促品とは商品の認知度のあげるためや、消費者の購入を促す効果を期待して配布されます。

こうして「名入れ」をすることによって、その効果が期待されるのです。

This entry was posted in 販促品について基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります